家庭用ミシンの種類ってどのくらいあるの?大まかな違いとかも知りたい

昔はミシンというもの、せいぜいが手回しか足踏みかくらいの違いしかありませんでした。

また職業用ミシンもしくは家庭用ミシン程度の違いでしたね。

でも今や、家庭用ミシンでもいろいろな種類のミシンが販売されています。

大まかに特徴など見ていきましょう。

面倒のなかった昔のミシン

ある意味面倒はなかったのが、人力で動かしていた昔のミシンです。

足でペダルをふむ、手元のハンドルで動かす程度の違いだけで、他には大して差がなかったのです。

まあもちろん縫い目の綺麗さとか、針目の揃い方などに違いはあったでしょうが、大きな違いは見られませんでした。

何と言っても、直線縫いしか出来ない、と言う一点で結ばれていたミシンたちだったのです。

しかし今では、家庭用のミシンでも多くの種類が見受けられうようになってきました。

結果、最初のミシンをどれにするかだけで、迷ってしまうようにもなったのです。

ここではその家庭用ミシンの種類と、簡単な特徴を見ていくことにしましょう。

家庭用ミシンを大別すると

実際にはもっと細かく分類ができるのですが、ここは最もわかりやすい分類で見ていきますね。

電動ミシン

最もシンプルなタイプのミシンです。

いわゆる激安のミシンの場合、このタイプが主流ですね。

直線縫いと、ある程度の模様縫いは可能です。

フットコントローラーで操作するものが殆どで、それこそ昔の足踏みミシンの感覚で使えるミシンです。

厚手のものとかの縫い物には向いていません。

電子ミシン

電動ミシンよりも1ランク上になります。

電子制御のミシンですので、模様縫いも多少複雑なものが出来ます。

またスピード調節機能がついているものもあります。

電動ミシンよりもパワーはあるので、ある程度の厚手の縫い物も可能です。

コンピューターミシン

名前の通りマイクロコンピューターで制御のミシンです。

かなりの複雑な縫い目も刺繍も可能ですし、スピード調節も細かく出来ます。

また全自動でボタン穴かがりできる機種などもあります。

コンピューターが指示をしてくれるので、初心者でも使いやすいですが、その分機能が複雑なので使いこなしはいささか難しいですね。

ロックミシン

家庭用ミシンの中では専門的な部類に入ります。

このミシンの場合、基本的には直線縫いだけです。

その代わりに、縁かがりや縫い合わせなどが出来、かがり縫いをしながら余分な布をカットすることも出来ます。

特に伸縮性の高い生地の縫製に向いているので、ニットやストレッチ生地を扱う人には最適のミシンです。

初心者に向いている家庭用ミシンは

ミシンを初めて、もしくは学校の家庭科以来使ったことのない人の場合、このミシン選びには苦労しますね。

家庭用ミシンの種類をよく見て、必要とする機能のついたミシンを購入することをおすすめします。

電動ミシンに向いている人

木綿などの薄い生地のもの、また単純な縫い物だけを目的とする人には、電動ミシンでも充分です。

例えば、子供が小学校に上がって雑巾など用意する必要が、等の場合手縫いも面倒だしと考えたら、手頃な金額の電動ミシンを利用しましょう。

この手のミシンなら1万円以下で手に入ります。

ただあまりに激安なもの、知らないメーカーのものは避けたほうが無難です。

ミシンの有名メーカーでも電動ミシンは製造販売しています。

シンプルな機能だけでコスパのいい電動ミシンですが、あまりに安物を買うとあっという間に壊れてしまうので、注意して下さい。

電子ミシンに向いている人

ある程度の手芸はする、子供の幼稚園のバッグ程度は作るという人には、電子ミシンがおすすめです。

電動ミシンよりはいささか高目ですが、それでも1万円台で結構良い性能のものが手に入ります。

電動ミシンよりはスペックが結構上になりますので、この先長く使うかも知れない、と言う人にはこちらを購入してみて下さい。

小物や洋服の制作をという人には特におすすめしたいです。

コンピューターミシンに向いている人

コンピューターミシンは何よりも、マイコン制御なので扱いが簡単です。

なので初心者さんでも簡単に、きれいに縫い物が出来ます。

反面、値段に関してはかなり高いので、この先使うかどうかわからない初心者の場合、無駄になることも無いとは言えません。

財布の中身とこの先の予定を計算に入れて、購入を考えていって下さい。

とにかく何でもござれのオールマイティーの機能を備えていますので、先々色々と縫い物をしたいという人には、1台あって損はないミシンです。

ロックミシンは

ロックミシンは正直、使い手をえらぶというか、縫い物を選ぶミシンです。

かがり縫いしつつ余分な生地を切り落としたり、ストレッチ生地も締め付けること無く縫えますので、そういった縫い物が多い人向けです。

裁断しつつ縫えるという特徴もありますし、まあこちらはかなりのベテランもしくは、特殊な縫い物の多い人向け、と言っていいでしょう。

まとめ

家庭用ミシンを大別しただけでもこれだけの種類があるのです。

また一言で、例えば電動ミシンと言っても、その性能はまた様々です。

大まかに目的を絞ってその後、使い方とこの先の予定も考えて、最後に予算にあったミシンを選んでいって下さい。